フリーターでも就活で社員就職が可能

今フリーターとしてアルバイトだけをしている若い年代は多くいます。そんな中でフリーター生活が長くなった方が就活をする際はどのような点を気を付けるべきでしょうか。現在は社員の募集が少なくなり、代わりに契約社員やパートタイマー、アルバイトの募集をすることで企業は人件費を抑えています。そこで、今の企業の傾向ですが、新入社員を募集して最初から育て上げるという会社は少なくなっています。その理由としては人件費の問題と、長期間滞在する人が減ったからです。今は長くても5年から10年で転職をするといわれています。つまり、3年か5年で育てた人材はその次の年には別の企業にとられてしまうのです。ですので、今は多少でも経験のある人材を見つけて、お金をかけずに利益を上げるという形になってきています。つまり、アルバイトだろうが将来自分が就職しうる会社の業種で経験を積んでおくことが近道になります。

フリーターから就活して正社員になるコツ

フリーターというのは自分から求めてやっている人と、正社員の道を探している人と別れると思います。就活をしているにもかかわらず、なかなか正社員として働くことができないのは、対策が上手くいっていない事が原因かもしれません。自分の働きたいと思った会社を受ける時に、何度もうまくいかない人では、まず面接時などは相手の目を見て話さない人は、落とされる傾向にあります。印象を探っているわけなので、自分のことをアピールするには、まずはそういった相手に好印象を与えることを意識していくことが大切です。そしてあらかじめ用意していた答えなどは、あまり意味がないと思った方がいいです。自分の感性を活かして話す方が、就活などは印象がいいといえます。考えすぎることでも自分自身を緊張に追い込んでしまうので、そうならないような体制で挑むことです。

フリーターの就活で大切なこと

フリーターの就活で大切なことはお金の準備をしっかりとしておくことです。やはり、就職活動にはお金がかかります。そのお金をしっかり準備しておく必要があります。お金を貯めていて就活をしていく必要があります。私自身も今まで何回も転職をしていてお金の大切さがよくわかります。就職活動には事前の準備がかかせないと思います。どういう職種に応募をするかなどをしっかりと決めておいたほうがいいです。また、一番いいのはフリーターとして働きながら活動をすることです。そうすれば収入がとだえることがないです。収入源を確保しておくということはとても大切です。素早く就職ができればいいのですが長期化する場合もあります。しっかりとした計画を練ってやって実行にうつす必要があります。事前に職種の下調べをしておいたほうがいいです。応募が多いか、ライバルがどのくらいいるかなどです。

人生の大事な選択である「就職」のために入社後まで考えた就職活動のお手伝いをいたします。企業が求める人材のお話、採用基準に関する裏話もご紹介します。履歴書の書き方から面接対策、会社選びなどノウハウをお教えいたします。未経験から正社員になることも可能です、就職率はなんと80%!ジェイックの公式Twitterでは就活に対する捉え方や面接への心構えなどの考え方、最新情報などを投稿しています。フリーターの就活を応援するジェイック